Awana Clubs International Japan office
Awana Clubs International

4/14カンファレンス案内

title



最善を尽くしなさい

昨年「新改訳2017」が発行され、テキストも新しい訳に変更されました。この機会に、アワナの目指すリーダー像、クラバー像を、新しい訳によって再確認しておきましょう。

「あなたは務めにふさわしいと認められる人として、すなわち、真理のみことばをまっすぐに説き明かす、恥じることのない働き人として、自分を神に献げるように最善を尽くしなさい。」第2テモテ2:15

①真理のみことばをまっすぐに説き明かす人
聖書を自己流に読んだり、思い込みや思いつきで話していないでしょうか。その文脈をたどり、よく調べて、聖書が真に語っていることを捉えているでしょうか。

②恥じることのない働き人
私たち日本人は、子どものころから人様の視線や口を気にするように、恥をかくことを恐れるように教育されました。生きておられる神様の視線は抜け落ちています。

人が自分のことをどう見ているか、どう言っているかは気にしない。私は神の視線に生きるのだと言える「恥じることのない働き人」へと変えられましょう。

③最善を尽くす人
クリスチャンはみな神への献身者となることが求められています。そしてすべてにベストを尽くす人であることが期待されています。まず小さなことにベストを!

横山幹雄(となみ野聖書教会)


踏み絵

中学2年生の社会科で踏み絵について習います。私の住む地域の学校ではつい先日、その授業が行われました。その時、先生はどのような意図だったのかわかりませんが、「この中にクリスチャンの人はいませんか?」と尋ねたそうです。一人の女子生徒がさっと手を挙げました。

授業の後、からかい半分に声をかけて来るクラスメイトもいたそうですが、「私も教会のJV(Awanaの中学生クラス)に行ってみたい」という子がいたそうです。

私も実は、高校の倫理社会のキリストのことばの授業で手を挙げてクリスチャンを表明したクラスメイトに、「教会へ行ってみたい」と言って連れて行ってもらったのが、イエスさまを信じるきっかけなのです。

あなたがたが、私たちの奉仕の結果としてのキリストの手紙であることは、明らかです。… Ⅱコリント3:3

子どもたちが生きたキリストの手紙として、学校や地域、友だちの中で良い証しをたてていけるように具体的に導き、祈りましょう。私たち自身も子どもたちの前で生きた良い証し人として模範となれるように、主に従いましょう。

江川 克巳 (Awana主事)


キリストの使節として

子ども会で腹話術の奉仕をさせていただいた時のことです。腹話術メッセージの後、学年別にグループになって自己紹介やお話しを聞いて思ったこと、感じたことなどを分かち合いました。私は小学3年生のグループに入れていただきました。「じゅんちゃんのお話を聞いてどう思った?」と最初に質問された女の子が「イエスさまを信じたいと思った。」と答えました。この女の子はその日、初めて教会に来て初めて聖書のお話しを聞いたので私は彼女の応答に喜びつつも信じられない思いでした。私は「子ども会に来た子ども達イエスさまを信じるように。 」と祈っていた事を思い出し、「不信仰な私をお赦しください。」と祈りました。この話には続きがあります。彼女は次の日の教会学校も来ました。神さまがこの子を導いてくださっていると実感しました。

私達は神さまにゆだね、祈りつつ奉仕させて頂きますが、いつの間にか自分の考えや経験で判断したり、自分の力が先になってしまう事があるのではないでしょうか。

こうゆうわけで、私たちはキリストの使節なのです。 Ⅱコリント5章20節a

子ども達を導き、私達を導いてくださる神さまにゆだね祈りつつキリストの使節として仕えていきましょう。

Awana主事 田中直美


海上の小さな雲人の手のひらほどの小さな雲

「あれ。人の手のひらほどの小さな雲が海から上っています。」 Ⅰ列王記18:44

物をつくるまえに人をつくる ―人材を養成しなければ、事業は成功しない―

上記のことばは、「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助氏の経営哲学です。大変含蓄のあることばだと思います。これを教会形成に当てはめるなら、教会形成の前に人を養成(養育)しなければ教会形成は成功しない、ということになるでしょうか。試行錯誤を繰り返す中でAWANAの働きに出会い、2016年4月から導入しました。子供たちが毎週元気にAWANAクラブに通って来ます。そして、みことばを熱心に覚え、みことばを具体的に適用することを学んでいます。そうした中で、3人の子どもが信仰告白に導かれ、将来AWANAクラブのリーダーになりたいという願いを与えられた子どもいます。あらためて素晴らしいプログラムだと思います。幼い時からいかに養育されることが大切かと思います。そのようにして育った若者が教会に増えて行くなら、教会の将来にも希望が見えて来ます。この働きに召され献身的に労しているリーダーたちは、とても光栄ある働きに召されていると思います。今は人の手のひらほどの小さな雲のように見えるかも知れませんが、大いなる祝福を神様に期待したいと思います。

伊勢崎キリスト教会牧師 金井辰雄


パートナー

Awanaクラブのある教会のリスト  
JEA 子どもプロジェクト
子どもミニストリーリンク集