Awana Clubs International
Kids around the world are praying for the people of Ukraine

主よ、ウクライナのために祈りを聞いてください

この活動を支援するために、以下の献金ボタンをクリックしてください。 寄付金の使途については、awana.jp/mission/ukraine2.htmlをご覧ください。

ウクライナのために祈り、人道的、財政的、霊的な援助でどのように「ウクライナ危機への対応」をしているかをご覧ください。

ウクライナの紛争について子どもたちと話し合うには、 「ウクライナの紛争について子どもたちにどう話すか」 をご覧ください。

献金をお願いします

写真やメッセージでウクライナに励ましを送りたい方は、communications@awana.org までお送りください。(保護者の許可を得ることを忘れずに!)喜んでヨーロッパのチームと共有させていただきます。

 

最新情報:

6月22日

今日は、Awanaルーマニアのアディ・スタンチュ宣教師による2つ目の証しを紹介します。イリーナさんの話は、強さ、神への信頼、そして奉仕の話です。

 

イリーナさんは、ウクライナのオデーサでAwana宣教師をしているローマン・シュチェティニンさんのお姉さんです。家の周りの爆撃のため、彼女は家を出て、ルーマニアに来ることを選びました。ローマンは私(アディ)に、彼女が滞在する場所を探すのを手伝ってくれるよう頼みました。私が生まれ58年間暮らしたブラショフに彼女が来ることを知った私は、旧友に連絡を取り、彼女が安全に滞在でき、必要なものが満たされるような場所を特別に見つけてあげられることを嬉しく思いました。

 

私は最近ブラショフを訪れ、彼女のもとを訪ねました。私は、彼女の感受性と、誰かの負担になりたくないという願いに感銘を受けました。そして、彼女が経験した不安や不測の事態にもかかわらず、神への謙遜と信頼に満ちた態度に感動しました。彼女が経験したトラウマは明らかでした。そして、自分が安全で、自分を気にかけてくれるコミュニティに囲まれているのを見たとき、彼女の顔に現れた喜びに気づきました。

ブラショフの信者たちのコミュニティにも感動しました。イリーナさんに家が必要だという知らせは、あっという間に広まりました。数ある候補の中から、私が以前奉仕していた教会の一角にあるアパートを選びました。

 

(左)ウクライナからの難民であるイリーナさんは、ブラショフのロカールコミュニティで奉仕しています。イリーナさんは難民の子どもたちのために、地元でAwanaクラブを立ち上げ、お返しをすることにしました。

 

牧師の話によると、2ヶ月前からコミュニティは誰かがそこに来て滞在できるように祈っていたそうです。そして、イリーナさんが到着すると、地域全体が総出で彼女を迎え入れ、手助けをしたそうです。このような状況は、地域社会をひとつにするだけでなく、困っている人たちへの具体的な奉仕にも火をつけます。

 

今日、イリーナさんは教会でウクライナ難民の子どもたちのためにAwanaクラブを立ち上げるそうです。神はウクライナの戦争によって根こそぎにされた命を救うために、美しい方法で働いておられるのです。イリーナさん、受け入れ教会、そして彼らが奉仕している子どもたちや家族のためにお祈りください。

 

6月17日

今日は、Awanaルーマニアのアディ・スタンチュ宣教師による2つの証しのうちの1つを紹介します。今日のお話は、ウクライナからの難民であるマリナさんが、戦争によって受けたダメージについてです。しかし、そのような苦難の中でも、神は彼女と彼女のために祈る人々を神の栄光のために用いておられます

 

マリーナさんは、ご主人と3人の子どもたちとともに、ルーマニアのクルージュ・ナポカにあるAwanaが借りているアパートに住んでいる難民の家族です。ご主人は車の整備工場で働き、マリナさんは家事をこなしながら、ネットで学ぶ子どもたちを指導しています。彼女は仕事を探し、近所のアパートを掃除するようになりました。また、週に3回、他の難民の女性たちと会って励まし合い、福音を伝え、家にいる人たちとは定期的に薬や食料など必要なものを送って連絡を取り合っています。

 

数週間前、非常に忙しい時期を過ごした後、マリーナさんは数日間の断食と祈りをすることにしました。断食の初日、彼女は涙を流し、声も出せず、何もできなくなりました。彼女は事実上、麻痺していたのです。その後、数日間の医療検査、安静、特別な治療が行われました。この間、コミュニティと彼女の友人たちはマリーナのためにとりなし、断食をし、彼女の癒しのために祈りました。神はその祈りに耳を傾け、彼女を癒してくださいました。今、彼女は健康で、自分の責任を果たし続けることができるようになっています。

 

私はマリーナと一緒に医者に行き、彼女の話や心配事、特に不安なことを聞きました。私は、主を信頼し、主を拠り所とする信仰深い人々の人生に、戦争が何をもたらすかに驚かされました。また、地域の人々がマリーナに寄り添い、祈りだけでなく、必要な物やお金を出して、彼女の生活が困窮しないように助けてくれたことも嬉しかったです。

 

癒されてから1週間後、マリーナさんは私たちを感謝のディナーに招待してくれました。マリーナさんはウクライナの伝統的な料理をたくさん用意してくれました。また、別の家族は、彼女とその家族を1週間、山のリゾート地でリラックスして休ませることを提案しました。彼女の子どもたちは、他の子どもたちの家庭に招かれ、一緒に遊んだり、勉強したり、そうしてマリーナが聖書の学びの友人たちと会うのを助けているのです。私たちには偉大な神がいます!

 

ウクライナ難民の多くは、ヨーロッパの他の地域で福音の光を明るく照らしている強いクリスチャンです。それでも、彼らは戦争のトラウマに苦しみ、悲しんでおり、私たちのサポートを必要としています。どうか神が、マリナのようなイエス様の忠実な弟子を、主が今日生きるようにと召された場所で、主の恵みを与え、また受けるために用いてくださるように祈ってください。そして、この危機の時に兄弟姉妹を受け入れ、世話をしているアディやAwanaルーマニア・チームのようなクリスチャンのためにお祈りください。

 

ルーマニアで与えられたアパートで家族と過ごすマリーナさん(中央)。

 

6月15日

Awanaのヨーロッパ/北アジア担当グローバル副社長のトム・チルトンが、アニータさんと話したので、その様子をお伝えします。アニータさんは、故郷のウクライナから、戦争の様子をいち早く伝えてくれました。

嘆き

2022年2月23日、アニータはいつものようにコーヒーを飲み、神のことばに耳を傾けることから一日をスタートしました。その日は、仕事とミニストリーで忙しい一日でした。アニータは、その週の予定と今年の計画を立てていました。2月24日、すべてが変わりました。

 

ウクライナのAwanaリーダーの一人であるアニータは、100日以上もの間、戦争と危機対応の現実によって人生を狂わされたのです。「計画を立てることができなくなった」と彼女は言います。「毎日が不確かで、ただ神様に次のことをするための恵みを求めています」。アニータの夫は現役の軍人に招集されました。彼女は平日は難民センターでのボランティア活動、土曜日は難民の子どもたちのためのAwanaの活動に追われる日々です。奉仕に集中することで、彼女は恐れや悲しみを抑えることができるのです。

 

涙ながらに語るアニータのことばを聞きながら、私は詩篇22篇の嘆きが頭に浮かびました。この詩篇は、イエス様が十字架の上から詠まれた「わが神、わが神、なぜ私をお見捨てになったのですか」ということばで始まる有名な詩篇です。戦争やウクライナの現状は、神から見放されたように感じられるかもしません。生命、自由、財産が失われたことに心を痛めるのは当然で す。家族は離れ離れになり、未来は不確かです。

 

ダビデは19-21節で叫んでいます。

よあなたは離れないでください。

私の力よ早く助けに来てください。

救い出してください。私のたましいを剣から。

救ってください。

 

これらはウクライナの兄弟姉妹の叫びであり、私たちの祈りでもあります。しかし、ダビデは神が私たちの声を聞き、私たちとともにいてくださることも覚えています。ダビデは神の救出を望み、神が支配し、目的を達成されることを気づかせてくれるのです。

 

地の果てのすべての者が思い起こし  に帰って来ますように。 国々のあらゆる部族も  あなたの御前にひれ伏しますように。 王権はのもの。 主は国々を統べ治めておられます。

 

神は国々を支配しておられます。悪の支配者が常にその破壊的な目的を遂行することを許されるわけではありません。神が最終決定権を持ち、国々のすべての家族が神を礼拝するようになるのです。そのような家族の多くは、この戦争とアニタのようなリーダーの忠実な証によって、神に信仰と信頼を置いているのです。神は今日も救いの手を差し伸べ、いつの日か、完全な義と正義をもって支配されるのです。そして、その主権は増し加わり、その平和は限りなく。(イザヤ書9:7)

 

主イエスよ、来てください。

 

 

6月10日

愛と思いやりを示すために協力し合う

Awanaルーマニアのアディ・スタンチュ宣教師からの最新レポートです。ウクライナの隣人のために、多くのルーマニアのパートナーが協力し合っている様子を紹介しています。

 

人道的支援

クルジュの福音人道支援団体ECCE HOMO Organizationと協力して、キーウ、イルピン、オデーサの軍隊と病院に毎週、人道支援物資(特に薬と食料)を送っています。私たちの輸送はクルジュを出発し、援助物資はチェルノフツィで荷揚げされます。そこでパベル牧師と彼のチームは、3つの地方でさらにそれを分配しています。その際、支援物資を積んだ車がロシア軍に襲撃され、チェルノフツィの兄弟が一人犠牲になりました。

また、アルバ・ユリアのピリピ・ビジョン・オーガニゼーション、オトペニ/ブカレストのバプテスト教会、グッドシェパード協会との連携も継続しており、毎週ウクライナ国境に行き、特にオデーサ、ハルキウ、イルピン地区からの難民を連れて来ています。

 

これらの難民は、ルーマニアに留まるか、西ヨーロッパの国々に移動するかを決めるまで、一時的な宿泊施設や食事ができるよう支援されています。

(左) 人道的支援にはさまざまな形態があります。

 

難民向けイベントの開催

クルジュにあるVIA教会が運営するCBC難民センターを通じて、毎週、難民の家族(多くは女性と子どもたち)との集会を開催しています。英語・ルーマニア語レッスン、法律・心理・霊的相談、子どもたちのためのAwanaクラブ、研修、会議、イベント、治療目的の各地への出張などを実施しています。

(下)Awanaルーマニアは、ウクライナからやってきた多くの子どもたちに福音を伝えています。

 

借り上げアパートでの難民家族支援

現在、Awanaルーマニアが借りているアパートには、3組の難民の家族が住んでいます。2つはクルジュに、1つはブラショフにあります。このほか、5つのNGOが23家族に同じように宿泊や食事、人道的支援を行っています。その家族には被爆地から逃れてきた人たちが含まれ、そのほとんどが母子家庭です。Awanaルーマニアは、家賃、光熱費、インターネット代を支払っています。子どもたちはネットで学校教育ができ、ネットで仕事をする親もいます。また、これらの家族の緊急時や医療処置の支援も行っています。また、7つの教会・団体と提携し、毎日300〜500人の難民を受け入れています。

((下)この看板は、ウクライナ語とルーマニア語の両方で、ウクライナ人に無料で家を提供することを知らせています。

 

協力の素晴らしさ

それぞれのミッションには、それぞれのストーリーがあります。この活動の素晴らしさは、難民に対応する団体やウクライナに援助を送る団体の間に協力と結束があることです。共に活動することで、お互いを補い合い、関係を深め、爆撃の脅威にさらされ、食料や医薬品が不足しているウクライナの人々と、ルーマニアに避難している人々の両方の多くのニーズに応えているのです。

 

Awanaルーマニアが参加しているこのネットワークには、20以上の団体や教会が参加しており、500人以上のボランティアが、情熱と愛と思いやりに満ちた奉仕活動を何時間も行っていると私は考えています。

 

また、ウクライナの友人たちは、愛情や配慮、支援の一つひとつを、笑顔と感謝、そして安心感を持って受け止めています。私たちの満足は、祈りをささげる場所があり、食べ物や薬や保護を受けている人々を見るときです。親愛なる友人たちよ、このような活動を可能にしているすべての支援と祈りに感謝します。

(上)多くの人々や団体が協力して、ウクライナの戦争から逃れてきた家族の生活を和ませています。

 

6月6日

私たち子ども宣教団体は、戦争が子どもたちに与える影響を特に懸念しています。国連児童基金(ユニセフ)の統計によると、ウクライナに住む750万人の子どものうち約500万人が戦争で家を失い、200万人以上が現在近隣の国に滞在しています。このような子どもたちのために、私たちはオンライン学習用のノートパソコンを各家庭に提供しています。これまでに10世帯にノートパソコンを提供しました。

また、ウクライナ国内外の家族に住居や食料、生活用品を提供したり、避難している子どもたちのためにAwanaクラブやカウンセリングの支援も行っています。子どもたちが守られるようにお祈りください。500人以上の死傷者が出ており、ほぼすべての子どもたちが何らかの不安やトラウマを感じています。主が一人ひとりに働きかけ、私たちに彼らの必要をケアする機会をより多く与えてくださいますように。

 

 

5月27日

やもめのためのパン

父である神の御前できよく汚れのない宗教とは、孤児ややもめたちが困っているときに世話をし、この世の汚れに染まらないよう自分を守ることです。 (ヤコブ1:27)

 

Awanaへのご支援により、ウクライナの寡婦に食料を届けることができます。今月初め、ウクライナのAwanaスタッフは、国外に逃げることができず、難民センターを訪れることすら困難な数名の寡婦に食べ物を配りました。下の写真の尊い女性たちをはじめ、この困難な時期に彼女たちを世話する人たちのためにお祈りください。チームのメンバーは、「主は一人ひとりをご覧になり、覚えておられます。私たちが訪問し、これらの大切な人たちの必要を満たすとき、私たちは祝福されます。」と言っています。

 

 

5月25日

ワールドリード・コースがウクライナのリーダーたちに影響を与える

12年前にAwanaとフロリダ州のボカラトンコミュニティー教会(BRCC)との間で結ばれた、ワールドリード(WorldLead)と呼ばれるリーダーシップ開発戦略が、ウクライナで効果を発揮しています。このプログラムが始まって以来、世界中の何十人ものAwana宣教師やスタッフがワールドリードのコースで訓練を受けてきました。パンデミックの過去2年間、BRCCは20分間のリーダーシップ・ビデオを制作し、オンライン・ディスカッション・グループを立ち上げ、他のAwanaリーダーと共同してリーダーシップの原則を探ってきました。

 

昨年、秋からウクライナチームがビデオとワークシートの翻訳を開始し、東欧地域のリーダーたちに大きな励ましと手助けを与えています。2月末に戦争が始まると、トレーニングは数カ月間中断していました。しかし今月初め、ウクライナのナショナルオフィスでトレーニングが開催されました。

 

リーダーたちは、AwanaとBRCCとのパートナーシップに感謝し、プログラムを通して神のことばの真理を学び、特に危機が続く時期に、信仰を成長させるためのチャレンジを与えてくれたことに、感謝しています。

 

また、ボカラトンコミュニティー教会と、祈り、資金、リーダーシップ、愛を通して、私たちのグローバル・ミニストリーに協力してくださっていることに感謝します。

 

5月20日

多くの子どもたちが、ウクライナのために祈っていること、ウクライナのAwanaチームを応援していることを私たちに伝えてくれました。ここでは、子どもたちが行っている3つの工夫を紹介します。

 

特別な車を作る

レイチェルさんは、オンタリオ州バリー市にあるハーベストバイブルチャペルのAwanaに参加しています。自分のグランプリカーに、ウクライナの国旗の色と、英語とウクライナ語で「ウクライナのための祈り」という特別なメッセージを書いて飾ったそうです。

 

ハーベストでは、ウクライナのAwana宣教師を支援するための募金活動をグランプリのイベントで行いました。レイチェルさんは、ハーベストに参加するウクライナ人家族の一員です。彼女の祖父はウクライナにいますが、障害があるためクヴィヴを離れられないでいます。神の恵みにより、祖父の近くにあるキリスト教団体が、彼を建物から出して、難民キャンプに送るための人を派遣することができました。

 

グランプリのイベントの翌日、家族が彼を迎えに飛んできました。彼が身辺整理をし、無事に帰国できるよう、彼らのためにお祈りください。レイチェルの車は心からレースを盛り上げ、この家族はイベント中も愛を感じていました。彼女はスピードで3位にも入りました。

 

励ましの手紙を書く

ウィスコンシン州のある少女は、ウクライナの戦争で被害を受けた他の少女たちを励ますために、この手紙を書きました。翻訳者が、ウクライナのAwanaクラブに通う女の子たちに伝えました。この手紙が多くの人に届き、子どもたちが信仰を持つきっかけになることを祈ります。

 

子猫を編んで資金集め

ウクライナのAwanaチームが行っている活動に心を動かされた若い女性がいます。Awanaと編み物への情熱を活かして、子猫をデザインし、家族や友人に販売しました。ソフィーの子猫は愛にあふれた作品です。これまでに200ドル以上を集めました。

 

あなたやあなたの子どもたちは、ウクライナやAwanaウクライナスタッフをどのようにサポートしていますか?また、写真をcommunications@awana.orgまで送ってください。

 

5月17日

ブチャというキーウ郊外の町をご存知の方は多いと思います。この戦争でウクライナ人に対して行われている残虐行為の多くが、この街で世界に発見されました。ロシア軍がキーフ近郊から撤退して以来、Awanaチームのメンバーの何人かは、救援物資を持って、そこにいる人々に愛とサポートを示すことができるようになりました。この週末、Awanaウクライナ担当のビクターさんは、ブチャで約70人分の食事を提供するお手伝いをさせていただきました。ビクターさんは、戦争で破壊された多くの地域を訪れ、救援活動を行っています。

 

ビクターさんのために、そしてウクライナの人々のためにお祈りください。彼らは私たちの祈りに感謝し、この長く困難な危機の中で進み続けるために私たちの励ましを必要としています。ウクライナの人々は戦争が終わることを切実に望んでいますが、同時に自由のために戦う兵士たちを支えたいと思っています。主が彼らの守りとなり、ウクライナに自由と平和を回復してくださるようお願いします。

 

(左)ウクライナのブチャで食料を受け取るために列を作って待っている人々。
(上)ブチャで避難民に食料を配る、Awanaウクライナ担当のビクターさん。

 

5月12日

今日は、疑り深いおばあちゃんの証しです。

 

ヴィカは幼い頃、両親が面倒を見れなくなり、おばあちゃんの家に預けられました。戦前、ウクライナのAwanaでは、政府から福祉サービスを受けている子どもたちのためにクラブを開催していたことが知られています。ヴィカが初めてAwanaを訪れたのは、4年前のことです。ヴィカは毎週Awanaに参加し、毎週聖書のみことばを学んでいました。しかし、リーダーからは、ヴィカは感情を表に出さず、自分の中に閉じこもっていると思われていました。しかし、時間が経つにつれ、ヴィカはリーダーに心を開き、そしてイエス様に従うことを決心しました。


ヴィカのおばあさんは、もう少し時間がかかりました。おばあさんは毎週ヴィカを連れてきて、隅に座って見ていました。彼女はヴィカにみことばを教えるのを手伝いましたが、日曜日に教会に来るのを拒みました。このおばあさんは警戒心が強く、教会とは距離を置きたかったのでしょう。

 

それが、この後の出来事をとても面白くするのです。このおばあさんは最近、ウクライナでヴィカが通っていたAwanaリーダーに連絡をしてきました。戦争が始まって、ヴィカとおばあちゃんは一緒にウクライナを出たことを話してくれました。ヴィカには特別な治療が必要で、今いるところなら簡単に治療が受けられるからだそうです。近くの教会が二人を助けてくれていて、今は日曜日ごとに教会に通っているそうです。おばあちゃんは、「私が昔、教会に来るのを嫌がっていたのを覚えていますか?でも今は、良いことが行われる所を見られます。私たちは大切にされ、愛を持って扱われています。だから私はそこへ行きたいのです!」と。

 

これは、あるクラブの一人の女の子とそのおばあさんの話です。私たちが種をまき、他の人が収穫を得るように召されることがあるということを表しています。ヴィカのAwanaリーダーは、「人を愛し、人に仕え続けることを気付かせてくれる!」と言っています。

この危機の中で、ヨーロッパ中のクリスチャンがイエス様を表し、隣人を愛することで、主がこのような物語を何百倍、何千倍にも増やしてくださるよう、私たちは祈っています。また、ウクライナの人々のために祈ってくださることを感謝します。

 

5月10日

東欧担当のパヴィルス・グリガスの最新情報をお届けします。彼は希望と困難な時期について話しています。今まで以上にニーズが高まっています。

 

こんにちは、親愛なる皆さん。

 

まず、心からの感謝の言葉から始めたいと思います。皆さんは遠く離れた別の国に住んでいる人たちですが、この不公平、悲しみ、涙を見て、心が動かないわけがありません。皆様のご支援のおかげで、戦争や死から逃れ、家や残されたものを捨て、他の都市に移り住んでいた人たちを助ける機会を得ることができました。車を持っている人たちは、より多くのものを持ち運べるので、より幸運でした。しかし、多くの場合、人々は自分のものを持って行かず、代わりに他の人が一緒に逃げるのを助けることを選びました。

 

私たちの難民センターは、ウクライナに最初に戦争が起こった2014年から活動しています。しかし、ロシアがウクライナに全面侵攻した2022年2月24日以降、私たちのセンターはより活発に活動するようになったのです。最初の2カ月は週7日働いていました。今は、ボランティアの体力が尽きてきたので、日曜日を休養日として空けようとしています。

 

私たちのセンターの活動はどのようなものでしょうか? 私たちは何をするのか? どのように支援するのか? まず、戦前、私たちの街の人口は約30万人でした。今、公式データによると、12万人以上の人々が難民としてここに移ってきています。彼らの中には、地域の人々が家を提供してくれる村々に住んでいたり、空き家に住んでいる人もいます。しかし、その多くは市内に住んでおり、特に子どものいる家庭や医療支援を必要とする高齢者などが多いのです。

 

私たちのセンターは、助けを求めている人々に毎日ドアを開けています。そして、それは簡単なことではありません。食料、衣料などにおけるすべてのニーズを満たすだけでなく、壊れた生活や戦争で傷ついた心の話も聞きます。

 

(左)ウクライナで避難する家族が増えるにつれ、より多くの人々が難民センターに物資を求めるために列をなしています。

 

 

週に一度、水曜日に 「食料品の日」があります。この日は、1家族につき1袋の食料を受け取ることができる日です。朝6時から7時の時点で、すでに食料を求める人たちの大行列ができているので、ボランティアが事前に袋詰めしておきます。涙を浮かべて袋を受け取り、まるで高価な贈り物のようにお礼を言うお年寄りの姿は、正直言ってとても惨めで、痛々しいです。涙を抑えることができない人も少なくありません。手が震えていても、「ありがとう」と言うのが精一杯の人がほとんどです。

 

この戦争は、多くの人の人生を狂わせてしまいました。私たちは約200袋を配り、また、毎週1回、1家族につき1袋を配るので、人々の記録も残しています。だから、1カ月に1,000袋の食糧を提供することになります。困っている人の数は増える一方ですし、資源にも限りがあるので、これ以上は出せません。また、食糧がまったくないために次の水曜日まで待てないというような危機的状況にある人々には、別の日に配ることができる予備袋も用意しています。

 

おむつはとても必要です。多くの人が保健所や学校の校舎で生活しており、家庭環境とはかけ離れた生活をしていますし、もちろん小さな子どもがいるので大変です。より多くの人に渡せるよう、紙おむつの入ったパッケージを開封し、数十枚単位で渡す必要があります。

 

必要なサイズはLサイズとビッグサイズです。また、赤ちゃんのための食べ物やシリアルも用意しています。小さい子にはベビーミックス、大きい子にはシリアルやピューレなど。高齢の女性が時折、誰にも聞こえないように静かにやってきて、自分のために個人的にピューレを求めるのを見ると、胸が痛みます。

ウクライナの戦争から逃れてきた赤ちゃんのいる家庭には、おむつは必需品です。

 

また、毎日、人々は服や靴を手に入れることができます。ボランティアが男性用、女性用、子ども用と服を分類し、必要なものを選びやすくしています。冬に家を出てきた人たちは、戦争が終わって早く家に帰れることを願っていたので、今は夏服がとても必要なのです。最初の数週間は、枕や毛布をたくさん配りました。今では、寝具やタオル、衛生用品、石鹸、シャンプー、シャワージェルなどが欲しいとよく言われるようになりました。

 

昔、おじいちゃんやおばあちゃんから戦争の話を聞いたことがあります。でも、それは物語のように、終わってしまったものでした。2014年は、戦争が現実となり、特にウクライナ東部にとって、戦争に対する新しい認識が生まれました。今起きていることを説明したり、正当化したり、無視したりすることは不可能です。私たちはもう二度と元には戻れないでしょう。多くの人が家に戻ることはなく、友人に会うこともなく、家族と抱き合うこともないでしょう。

 

しかし、今、私たちは奉仕する機会を得ています。すべてが絶望と悲しみに覆われているところに光をもたらすのです。私たちは、心が壊れ、あらゆる希望を失っている人々に仕えることができます。皆さんの助けによって、何千人もの一般市民や、国を守っている何千人もの兵士が、配慮と愛を感じることができることを神に感謝します。神の助けにより、ウクライナは勝利を手にすることができると信じています そして、今はどうでしょうか?今こそ、奉仕し、配慮し、愛し、キリストを示し...そして、近い勝利を待つ時なのです。神の祝福がありますように。

 

 

5月6日

素晴らしいニュースです。ウクライナ西部と中部の多くの教会で、Awanaクラブが再開されました。戦争が3ヶ月目に入り、ウクライナにいるAwanaリーダーたちは、戦争のトラウマを抱えている子どもたちに毎週愛とサポートを提供する必要性を感じています。子どもたちの多くは国内避難民で、東ウクライナでの激しい戦闘から逃れるために見知らぬ街で生活しています。この子どもたちは、希望と愛を必要としています。

 

ウクライナのAwanaリーダーが、この貴重な子どもたちに教材やカウンセリング、ケアを提供できるよう支援してくださっていることに感謝します。また、子どもたちとその家族のためにお祈りいただき、ありがとうございます。このウクライナの困難な時期に、キリストの光がさらに輝きを増しますように。

 

 

 

 

5月3日

「まことに、あなたがたに言います。わたしの弟子だからということで、この小さい者たちの一人に一杯の冷たい水でも飲ませる人は、決して報いを失うことがありません。」(マタイ10:42)

 

Awana・ウクライナチームは、これまで何度かウクライナの兵士に食料を届けることがあります。最近、彼らは聖書の箇所で兵士たちを励ますことを思いつきました。紙コップを購入し、その紙コップにスタンプを押して、次のような聖句を書きました。

強くあれ。雄々しくあれ。 – ヨシュア記1:9

恐れるな。わたしはあなたとともにいる。 – イザヤ書41:10

 

 

 

ウクライナで命をかけて市民を守っている兵士たちのためにお祈りください。また、神がこの困難な状況を利用して、ウクライナ軍にリバイバルを促してくださるようにお祈りください。多くの人がキリストを救い主、主として知り、キリストだけがもたらすことのできる永遠の平和を受け取ることができるように祈っています。

 

 

4月28日

本日は、Awanaのヨーロッパ/北アジア担当グローバル副社長のトム・チルトン氏が、自身が奉仕する教会とAwanaクラブのウクライナ支援への取り組みについてレポートします。

 

「新しいAwanaクラブができるくらい、節を言いたい!」イリノイ州キャロルストリームにあるゴスペライフ教会のAwanaクラブが、Awanaウクライナを支援するミッションプロジェクトとしてAwanaのVerse-a-Thonを行うと発表したとき、スパークスクラブの小学2年生の女の子がそう言ったのです。

 

ヴァース・ア・ソンは、Awana GOのリソース・ライブラリーにあるクリエイティブな寄付金集めのツールです。子どもたちが特定の時間内に聖書の一節を暗唱すると、スポンサーが集まり、一定額を寄付してくれます。集められた資金はすべて、クラブ設立の支援を必要としている世界の子どもたちに届けられます。10ドルごとに1人の子どもに福音が伝えられ、その子どもは地域の教会のAwanaクラブを通して生涯弟子となることができるのです。

 

私たちのクラブは、戦争が始まるずっと前から、Awanaウクライナを支援することを決めていました。戦争が始まって1週間後の3月2日にプロジェクトを開始したとき、神は私たちのクラブにさらに大きな計画をお持ちだと思うようになりました。初めて行うヴァース・ア・ソンでは、2,000ドルの募金を目標に掲げました。イベントの前週には、ある教会の方が、クラバーが1節暗唱するごとに1ドル、最高で1,000ドルまで寄付することを約束してくださいました。

 

ヴァース・ア・ソンの日には、約20人の保護者と教会員が駆けつけて、聖句を聴いてくださいました。8歳の息子は21節を暗唱し、その友だちはハンドブックに書かれているすべての節を暗唱しました。そして、このブログの冒頭で紹介した可愛い女の子は、91の聖書箇所を覚えて暗唱し、50人以上の子どもたちに届くほどの支援を集めてくれました。合計で、子どもたちは850節以上を暗唱したのです!

ウクライナについて学び、現地の子どもたちやご家族のために祈った素晴らしいひとときでした。一節一節を心を込めて暗唱し、教会全体でウクライナの人々に愛を示す活動に参加できたことを、私はとても嬉しく思っています。

 

子どもたちは、合計で7,500ドルもの募金を集めました。昨日の授賞式では、ゴスペライフ教会から追加で1万ドルの寄付があったことが発表されました。5つのパンと2匹の魚を捧げた少年のように、主イエス様は子どもたちの忠実な捧げ物を祝福し、倍増してくださったのです!

 

4月25日

この週末、ウクライナの人々は聖金曜日とイースターを祝いました。ウクライナで戦争が始まってから約2ヶ月後の聖土曜日、Awana事務所のチームは戦争が始まってから初めてのAwanaクラブを開催しました。当初のクラブの子どもたちはまだ数名しか市内に残っていないため、9割の子どもたちは国内避難民の家庭で、地元の学校の校舎に寄宿しています。クラブは学校の外で行われ、子どもたちとその家族に、必要とされる喜びと笑いの時間をもたらしました。この特別な集まりについて、地元のクラブ・ディレクターは次のように語っています。

 

「Awanaゲームと聖書物語を子どもたちに教えることができました。救いの福音を伝えるだけでなく、それを切実に必要としている子どもたちに、甘いものをあげることができました。彼らはこの愛を感じ、この喜びを感じ、ほんの数分でも戦争のことを忘れることができたことを喜んでいました。

 

「キリストの手」となり、キリストの呼びかけに応え、助け、ここウクライナの人々を気遣ってくださっていることに感謝します。これからも私たちのために祈ってください。平和のために祈ってください。奇跡が起こりますように。このような困難な状況の中でも、ここで働くすべての人があらゆる機会を用いて、良い知らせを伝え続けることができるようにお祈りください。神が栄光を受け、あなた方のすべての行いが祝福されますように。ありがとうございました。

 

この危機の中で、神がいかに働いておられるかに感謝します。皆様のお祈りとご支援に心から感謝いたします。

 

 

 

 

 

4月21日

本日の更新は、Awanaルーマニアのアディ・スタンチュ宣教師からです。彼はこう言っています。

「私たちの国では、救援活動が続いています。先週末、Awanaルーマニアを含むいくつかの団体からなる新しい人道的ミッションが、食料、衣類、医薬品、その他必要な物資をポロスコヴォ・ウクライナに運びました。地元のイオアン・パトラス牧師の協力のもと、多くの地方で荷物が配られました。そして日曜日には、地元の教会の礼拝に1,000人が集まりました」。

 

人道的な活動は、皆さんの祈りと経済的な贈り物によって、今も可能です。Awanaウクライナのスタッフやウクライナの人々を経済的に支援したい方は、上の寄付ボタンをクリックしてください。

(左上)ウクライナの村では、Awanaルーマニアチームやパートナー団体から届けられた食料や物資を待つ人々が列を作っています。(右上)パスタは保存がきき、調理も簡単な食材です。(右下)ロリポップを片手に遊ぶ子どもたちと、それを見守る大人たち。

(左)Awanaルーマニアチームとパートナー団体から物資を受け取ったウクライナの村では、推定1,000人が教会での礼拝に参加しました。

 

 

 

4月19日

イエス様から目を離さない

本日の更新は、Awanaのヨーロッパ/北アジア担当グローバル副社長のトム・チルトンからです。

 

信仰の創始者であり完成者であるイエスから、目を離さないでいなさい。この方は、ご自分の前に置かれた喜びのために、辱めをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されたのです。(へブル12:2, 新改訳2017)

 

この週末は、聖金曜日とイースターを祝いました。ウクライナの兄弟姉妹にとっては、東欧のカレンダーに沿った祝日で、今週末に祝います。

 

私たちの主イエスの死と葬り、そして復活を祝うにあたり、覚えておくべき素晴らしいことの一つは、主イエスが私たちの罰を受けることを選ばれたことです。ヘブル人への手紙の著者が上記の節で説明しているように、イエス様は 「ご自分の前に置かれた喜び 」のために十字架を耐え抜かれたのです。イエス様の目の前にある喜びとは何だったのでしょうか。ゲッセマネの園で「わたしの願いではなく、みこころがなりますように」と祈る勇気と決意を与えたのは何だったのでしょうか。なぜ、試練やあざけり、殴られ、蔑まれることに耐えられたのでしょうか?ローマ5:8は、私たちに対する神のみこころを知るための窓を与えてくれます。

 

しかし、私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死なれたことによって、神は私たちに対するご自分の愛を明らかにしておられます。

 

イエス様は十字架にかかられ、私たちの代わりに苦しまれました。愛のゆえに、私たちのために罰を受けられました。彼の前に置かれた喜びは、私たちとの交わりの関係だったのです。私たちに対する神の惜しみない愛は、なんと輝かしいニュースでしょうか。イエス様は、父なる神との関係を回復するために、私たちが自分ではできないことをすべてしてくださいました。

 

私たちの兄弟姉妹がウクライナで苦しんでいるとき、私たちの心の一部も彼らと苦しみを共にしています。それ以上に、神は彼らの苦しみを知り、気遣い、共にいてくださるのです。助けを求める彼らの叫びを聞いておられます。神はウクライナの人々に希望を与えたいと願っておられ、私たちAwanaチームはそこで苦しんでいる人々に神の愛と希望を伝えているのです。

 

今週末、ウクライナは聖金曜日とイースターを迎えますが、どうかウクライナの多くの人々が良い知らせを聞けるように祈ってください。彼らがイエス様に目を向け、十字架の上で愛情を込めて買い取ってくださったイエス様との関係を求められるように、神が助けてくださいますように。

 

 

 

4月14日

Awanaウクライナウェルカムセンター最新情報

先週から、ウクライナ東部での新たな戦闘から逃れ、Awana事務所のある街に多くのウクライナ人が到着しています。この街は通常、人口27万人の街です。現在、さらに7万人の国内避難民がいます。ウェルカムセンターによると、1日に100家族以上が物資をもとめてセンターを訪れています。

Awanaチームは、到着した一人ひとりにインタビューを行い、同伴者の人数、滞在期間、住居が必要かどうか、どのような物資が必要か、その他どのような支援ができるかを確認するプロセスを立ち上げています。

(左) ウェルカムセンターを訪れた人は、その人の要望や 滞在予定期間とともに記録されます
ウェルカムセンターを後にする人たちと一緒に祈ることも、チームメンバーの大切な仕事です。今まで祈りに応じなかった人たちが、「帰ってからも祈ってほしい」と言われることもあります。

Awanaチームが必要なものをすべて受け取り続けることができるようにお祈りください。一人でも多くの人に奉仕するために、彼らの体力と気力が保たれるようにお祈りください。そして、ウェルカムセンターで支援を受けた人たちが主イエスを信じるようにお祈りください。

(右)ウェルカムセンターでは、避難民が安全に目的地に向かうために必要な食料、衣類、医療品など多くの必需品を提供しています

 

最後に: 今日は4月14日です。Awana国際宣教では、4歳から14歳までの子どもたちが最も福音に心を開いていると言われています。そこで、4月14日(4-14デー)を、世界中のすべての子どもたちがイエス様の福音を聞く機会を持てるように祈る日として設定しています。今日は特に、ウクライナ、エチオピア、アフガニスタン、シリア、ミャンマーなど、戦争で荒廃した国の子どもたちのために祈ります。世界のあらゆる地域で虐待や暴力に直面している子どもたちが救われるように祈ります。私たち教会が、子どもたちが主イエス・キリストを知り、愛し、仕えるようになることを願い、イエス様の御名によって子どもたちを迎え入れることができますように。

(上)ウェルカムセンターに来た避難民のために袋に詰めるボランティア

 

4月12日

2022年2月25日、東欧・北アジア地域ディレクターのパヴィルスとヴァレンティナ・グリガスは、自宅と娘2人、義理の息子2人、ヴァレンティナの母親を残し、孫3人を連れてラトビアの親戚に安全確保に向かいました。ポーランド国境近くのところまで車で12時間かかり、そこで車で送ってくれた家族に車を預けました。そのあと、30㎞以上歩き、さまざまな検問所で48時間以上寒さの中で待ち、ようやくポーランドの安全な場所にたどり着いたのです。パヴィルスの甥がポーランドで彼らを迎え、3月1日午前3時にようやくラトビアのパヴィルスの弟、ユリスの家にたどり着きました。

 

2014年から2022年まで、パヴィルスとヴァレンティナは、東ウクライナの暴力から逃れ、自分たちの街に住むようになった国内避難民の家族を支援してきました。今、彼らは自分たちが家を失い、難民として生活し、他人から支援を受ける必要があることに気づきました。

家族や友人、教会や地域社会から引き離され、精神的にとても辛い思いをしています。彼らは祖国に戻り、祖国を守りたいのですが、神は彼らに多くの優しさを示し、他の人々から助けを得ています。そして神は、ウクライナでのさまざまな人道的活動を導き、支援するために、彼らを力強く用いておられるのです。

(左)ラトビア政府から贈られたアパートでのパヴィルスとヴァレンティーナ。

これまでのブログ記事で、ラトビアの人々や教会の寛大さについてお伝えしてきました。これらの教会や個人は、ウクライナを支援する方法を探しており、パヴィルスとヴァレンティーナはちょうどその時期に到着したのです。パヴィルスはラトビア全土の多くの教会や市街地でウクライナのための支援活動を行っており、歓迎の声をいただいています。ラトビアはロシアと国境を接する小国なので、自由を守ろうとするウクライナの姿にラトビアの人々は共感してくれているのです。

(右)ラトビア最大の教会でウクライナの人々を擁護するパヴィルス

パヴィルスとヴァレンティーナは、アパートを提供してくれたラトビアの人々に感謝しています。米国でAwana国際ミニストリーを統括するブライアン・ローズ夫妻が、米国から衣類や荷物を届けてくれ、必要なものを買いに行ってくれたことも、二人を祝福しています。到着してわずか1カ月後、パヴィルスとヴァレンティナは、カナダのAwanaの支援者から、ラトビアで中古車を購入するための資金が送られ、とても祝福され、感謝しています。また、移住するための費用も寄付していただきました。ありがとうございました。

(左)パヴィルスさんとヴァレンティーナは、Awanaカナダに寄せられた寄付金の一部で、中古車を購入することができました。

パヴィルスとバレンティーナが最も感謝していることの一つは、3人の孫がラトビアの首都リガにある良い学校に入学したことです。そこで孫たちは教会の青年牧師一家のもとに滞在し、楽しい交わりをしています。パヴィルスさんは、「彼らの笑顔を見ると、ラトビアに連れてきてよかったと思う」と語りました。

 

昨日のZoomで、パヴィルスは「神はまだ支配しておられます。だから、私たちは(ラトビアとウクライナで)働き、神が私たちにミニストリーをさせてくださっているのです。まだAwanaクラブの集会が可能なところでは、子どもたちのため、主のために、それを行っています。皆さんのお祈りとサポート、そして愛を感謝します。私たちは自分たちが一人ではないことを感じています。神様がまだ支配されていると信じることができるのです。そして、私たちは毎日、神様が私たちに与えてくださったことを一生懸命やっています。」


(上)左から。ヴァレンティーナ、パヴィルス、リリア・グリグス(パヴィルスの義姉)、ユーリス・グリグス(パヴィルスの弟)。

 

4月6日

本日の更新は、Awanaルーマニアのアディ・スタンチュ宣教師からのお便りです難民の方々の現在の必要(主に中長期的なもの)と、皆様からの温かい贈り物によって達成されたことを説明しています。

 

これまでの支援は、緊急でかつ短期的な必要がほとんどでした。ルーマニアに残る難民は、社会への統合を必要としており、中長期的なニーズがあることが分かってきました。

 

宿泊する施設と1日1食の温かい食事は提供されていますが、彼らの経済的な蓄えはもう限界です。そのような状況の中で、みんなの食事を提供するために、食料を購入して食堂を財政的に支援しています。難民の家族を受け入れて、1ヶ月間、2LDKのアパートに10人で共同生活をしているルーマニア人家族もいます。私たちは難民家族のためにアパートを借り、家賃、光熱費、インターネット代(子どもたちはオンラインで学習しています)を支払っています。

 

私たちが直面する最も困難なことの一つは、コミュニケーションです。ウクライナ人で英語を話せる人はほとんどいません。この問題については、ルーマニア語と英語の先生を雇っている最中です。また、食堂やカウンセリングセンター、病院へ一人で行くことができない障がいのある難民に遭遇したこともあります。交通手段を手配したり、タクシー会社と連携して送迎するようにしています。

 

Awanaクラブが活動している国内のいくつかの地方では、難民センターでウクライナの子どもたちと一緒にAwanaを行いました。戦争のトラウマを抱え、言葉も分からず、父親も祖父母もいない新しい土地に移り住んだ子どもたちの多くは、自分たちを受け入れ、安全と安心を与えてくれるコミュニティがどうしても必要なのです。そのため、キリスト教心理学者、ソーシャルワーカー、 青少年の牧師、教師、児童労働者と協力し、教会、学校、スポーツクラブなどのスペースを利用して、これらの子どもや若者のための具体的なプログラムを作っています。私たちは、専門的なアドバイスと必要な施設の貸し出しの両方を提供する準備ができています。

 

また、企業とも協力して、難民の人たちに仕事を提供することにも取り組んでいます。何かあったときに、どこに頼めばいいのか、私たちは知っているのです。私たちキリスト教徒にとって、この時期は可能性に満ち、愛や配慮、思いやりを示し、犠牲を払い、いろいろな方法でキリストを示す機会を神が与えてくださっているのだと実感しています。

 

私にとっての最大の課題は、1分、1円、1人を無駄にしないことです。また、あらゆる資源や可能性を使って支援するためには、見識が必要です。そして、私一人ですべてを行うことはできないので、スポンサーの皆さんや既存のパートナーとの協力を続け、さらに多くのニーズに応えられるような新しいパートナーを見つけたいと考えています。

 

皆さんのお祈りと信頼、そして励ましに感謝します。神様があなた方一人ひとりに必要なものを与えてくださいますように。

 

敬具

アディ・スタンチュー

 


ルーマニアで開催されたAwanaクラブで、青年や若いリーダーと話すアディ・スタンチュー。

 


ウクライナから逃れてきた子どもたちが、ルーマニアのAwanaクラブになじんでいます。

 


このウクライナの家族は、皆さんからいただいた寄付金による交通手段を使っています。

 

 

4月4日

ウクライナ支援のためにお祈りしてくださっている方々、パートナーになってくださっている方々、ありがとうございます。多くの方々がウクライナとその人々のために祈ってくださっているのを見聞きすることは、私たちにとって、そして特にヨーロッパにいる私たちのチームにとって、いつも励みになっています。以下は、最近届いた2つのメモと貴重な写真で、ウクライナと東欧のスタッフに転送しています。

 

「ウィスコンシン州セントクロイフォールズにあるアライアンス・チャーチ・オブ・ザ・バレーのAwanaクラブは、ウクライナや近隣諸国の難民の子どもたちとその家族のために、Awanaで働く人々と子どもたちのために、これまでも、これからも、祈り続けています。以下は、スパークスとT&Tクラスの写真と、子どもたちとリーダーが署名した、私たちの愛と祈りを表すバナーです!」

 

 

「私たちはバージニア州グッドビューにあるバーンハルトバプテスト教会に所属していますが、先週、子どもたちとウクライナの状況について話し、ウクライナのAwanaの子どもたちと被害を受けた人たちのために祈る時間を持ちました。私たちは、これらの写真をあなたと共有したいと思いました...」

 

写真やメッセージでウクライナに励ましを送りたい方は、communications@awana.org までお送りください。(保護者の許可を得ることを忘れずに!)喜んでヨーロッパのチームと共有させていただきます。

 

 

3月31日

ウクライナ西部のAwana宣教師夫妻は、自宅と教会を開放して、避難民の家族を受け入れています。子どもたちが滞在している間、子どもたちはAwanaクラブのミーティングに参加できます。この子たちが福音を聞き、神様が共にいて愛してくださっていることを学べるように、お祈りください。

 


戦火の中、西ウクライナでAwanaクラブの集会に参加できる子どもたち。
そこで彼らは福音を聞き、神様に愛されていること、いつも一緒にいることを学びます。

 


この多目的ジムは、日中はAwanaゲームのスペースとして、夜間は寝床として利用されています。

 

また、東欧ディレクターのパヴィルス・グリガスは、次のような願いのために祈ってくださるようお願いしています。

  • ウクライナで奉仕しているAwanaチームに勇気と力が与えられますように。
  • できるだけ多くのニーズを正しい方法で支援したいので、知恵があたえられるように。
  • ポーランドとの物資の往復をする宣教師の安全のため。
  • 医薬品など、どうしても必要な物のため。

 

3月29日

ラトビアから愛をこめて

3月24日の更新で、ウクライナのAwanaオフィスに寄贈されたバン一台分の人道支援物資についてお伝えしました。その時、私たちは、そのバンも寄付されたものであることを知りませんでした。ラトビアのある経営者が、Awanaがウクライナで行っている非常に重要な支援活動のことを耳にしました。
その経営者は、自分の寄付やラトビアの他の人たちの寄付が、確実に目的の人たちに届くことを願って信頼できる支援団体を探していたのです。そして、Awanaがすでに行っている支援物資の収集・配布活動を知り、その効率化を図るために中古のメルセデスバンを購入し、Awanaに寄贈することを決意されました。

 

チームメンバーの一人が特別な許可を得てウクライナを離れ、わざわざラトビアまで車を取りに行き、運転して戻ってきました。ラトビアの人々は、ウクライナに送る必需品を集めてくれただけでなく、子どもたちにはチョコレート、そしてペットたちにはドッグフードなど、愛のこもった贈り物を送ってくれました。東欧担当のパヴィルス・グリガスは、「戦時中でさえ、子どもはお菓子が好きなんだ」と語っています。

 

ラトビアの首都リガにあるある教会の信徒たちは、私たちのナショナルオフィスと同じウクライナの街に、最大100人を収容できる施設があることを知りました。そこで信徒たちは、そこに収容される避難民のために、新しい洗濯機4台を寄贈することにしました。今週末、ウクライナチームのメンバーが人道支援車を運転してポーランドとウクライナの国境まで行き、これらの洗濯機とその他の物資を受け取る予定です。皆様のご支援と、ラトビアとウクライナの素晴らしいパートナーによって実現したこの重要な人道支援活動のために、引き続き安全のためのお祈りをお願いします。

 

ラトビアにあるこの看板には、寄付や支援ができるウェブサイトのアドレスが書かれています。
メッセージにはこう書かれています。ラトビアからウクライナへ愛をこめて。

 

3月25日

本日の更新では、東欧チームから届いた2つのメッセージをご紹介します。1つ目は、ウクライナのスタッフからのメッセージです。2つ目は、東欧担当のパヴィルス・グリガスのメッセージです。

 

私はウクライナにいますが、生きています。

今日は戦争が始まって29日目です。何千人もの市民、子どもたち、そして私たちの自由を守る兵士たちの命を奪った戦争。学校、病院、幼稚園を破壊した戦争。戦争がマリウポリ、ハルキフ、イルピン、ブチャなどを事実上一掃しました。

 

私は毎朝、平和のための祈りで一日を始めます。そして、ウクライナの各地にいる友人にメッセージを書きます。「元気ですか?」 そして、今日最も多い答えは、「生きています。神に感謝します」というものでした。返事がない人がいると、胸が痛みます。

 

私のAwanaチームは毎晩Zoomに集まり、ウクライナのために祈り続けています。祈り、泣き、奇跡を求めます。

 

いつまで続くのか!?誰も知らない。神様だけです。だから、困難なときでも神様を信じようと思っています。神様の慈悲に感謝し、皆さんの祈りとサポートに感謝します。私にとって、とても意味のあることです。強くあり続けられ、戦えます。魂のために、奇跡のために、未来のために。

神に栄光がありますように

 

 

この戦いの時、私たちが人生の瞬間瞬間に感じているあなたがたの祈りと愛に感謝します。私たちは忙しい日々の中、ウクライナに援助を集め、送ってくれる人たちと一緒に働く機会を得ました。

 

これは本当に戦争なのです。そして、毎日が神の奇跡の数々です。 愛と祈りとサポートに感謝します。

 

これからも、人々の必要を満たすために、主の手となれるように働き続けます。

パヴィルス

 


皆さんの献金で購入した家族へのギフトに囲まれて食べる乳児。

 

3月24日

ウクライナでの戦争が始まって、今日で1ヶ月が経ちました。私たちは、ウクライナ、ラトビア、ルーマニアのチームと定期的に連絡を取り合い、これまでお伝えしてきた情報の大半を分かち合っています。彼らは皆さんのお祈りを必要としており、経済的な支援に感謝しています。

 

Awanaグローバル・ミニストリーのリーダーで、前ヨーロッパ地区ディレクターのブライアン&サンディー・ローズは、ヨーロッパでチームの支援と励ましを行っていますが、次のようなメッセージを送ってくれました。

 

「毎晩、私たちのチームのメンバーは、新しい難民の世話をし、衣類、薬、燃料、車の修理、そして現金など、具体的に必要なものを提供し、同時に福音を伝え、彼らの行く先の人々のために祈り続けているのです。先週、ウクライナのあるパートナー教会では、紛争が続いているにもかかわらず、新しい信者にバプテスマを授けました。地域の牧師は、ウクライナの家庭や教会の施設で毎晩1,000人以上の難民の世話をしていると話しています。暗闇の中に大きな希望があります。私たちの教会とリーダーたちは、キリストの愛を刻々と示しているのです。これはウクライナだけでなく、国境を接する国々でも展開されており、主は東欧全域の宣教師やスタッフの中で、またスタッフを通して働いておられます。」

 

ラトビアで集められた(皆様のご献金による資金で購入)トラック2台分の食料、医療品、衣類などの支援物資は、ポーランドとウクライナの国境まで届けられ、Awanaウクライナが引き取り、昨日無事にAwanaウクライナ事務所に到着しました。物資は、危機から逃れてきた家族を近所で迎えているホスピタリティ・センターに早速設置され、整理整頓されていました。

 

昨日ウクライナに到着した物資を積んだラトビアのトラックの積み込みを手伝うブライアン・ローズ(右から3番目)、サンディー・ローズ(左から4番目)、パヴィルス・グリガス(左から5番目)。

 


物資を詰めた箱には、特別なメッセージが書かれています。ラトビアはウクライナを愛しています。

 


ウクライナの「ウェルカムセンター」で、ラトビアからの物資に囲まれて眠る赤ちゃん。

 

ウクライナの人々に提供される衣料品を仕分ける女性たち。

 

3月22日

Awanaルーマニアのアディ・スタンチュ宣教師からの最新のメッセージは、皆さんの寄付が多くの難民に経済的な祝福を与えていることへの感謝でいっぱいでした。前回お伝えした「Soul to Soul」プログラムを通じて、Awanaルーマニアは現在、ウクライナから逃れてきた家族に霊的・精神的カウンセリングを提供しています。また、Awanaのボランティアは、Awanaの教材を使って、難民センターの子どもたちや青少年に、自分たちが経験したことに対処する機会を組織的に提供しています。

 

これらのことに加え、Awanaルーマニアのスタッフは、様々なニーズに応えるために、以下のようなパートナーシップを築いています。

  • 障がい者支援協会:障がいを持つメンバーがいる難民の家族の宿泊、食事、社会的・医療的支援を行う。Awanaルーマニアは、継続的な支援のための資金調達のためのスポンサーシップを確立しています。
  • ボドのAwana教会は、1日20~30人の難民に宿泊、食事、交通の支援を行っています。Awanaルーマニアは、光熱費と必要な新しい冷凍庫の支援を行いました。
  • Awanaルーマニアは、1日最大50人の難民を支援するA Hot Meal と提携し、ルーマニアのクルジュ・ナポカの駅を通過する難民に温かい食事、宿泊施設、医療支援を提供しています。
  • AwanaとECCE HOMO Organization(同じくクルジュ)は、ウクライナとモルドバの難民センターへ人道的支援を送っています。
  • ルーマニアの貧しい人々や孤児のために定期的に活動しているLOC財団は、現在30人の難民を受け入れ、食料、医薬品、その他の緊急支援を行っています。ある家族は、西への旅を続けるために車の修理が必要でした。Awanaルーマニアは資金を援助しました。
  • 最後に、アディさんの出身教会は、CBC難民センターを開設しました。この施設は、クルジュに来る家族、あるいは西へ向かう通過者のために住居と必需品を提供するもので、ウクライナ難民の家族が一人雇われ、運営しています。Awanaは教会と協力し、これらの家族の世話をすることになります。

 

みんなで協力することが必要です。

 

先週末、Awanaグローバル・ミニストリーのリーダーで前ヨーロッパ地域ディレクターのブライアン&サンディ・ローズそして東ヨーロッパ・ディレクターのパビル・グリガスがルーマニアを訪れ、アディとAwanaルーマニア理事会に会いました。そして、この危機的状況における緊急、中期、長期のニーズに対応するための戦略について話し合いました。

 

アディさんは、「神がこれまで私たちを祝福し、導いてくださったことに感謝し、祈りや助言、資金援助を通して示された皆さんの支援に感謝します」と語っています。

 


駅の看板には、難民がどこで支援を受けられるかが書かれています。
ルーマニアの鉄道駅には、通過するウクライナ人難民のために食料配給所が設置されています。
ルーマニアの駅に到着したウクライナ人難民のために用意された簡易ベッド。

 

3月17日

ウクライナから発信されるニュースは厳しく、落胆させられるものばかりです。、1000人以上が避難していたマリウポリの劇場が空爆されたことは、ウクライナのAwanaチームの心に重くのしかかっています。彼らは失われた命と祖国への襲撃を悲しんでいます。しかし、心が痛むようなニュースを前にしても、彼らは前進しています。

 

チームが無事で、地域の多くの人々に奉仕することができ、さらに多くの人々がAwanaオフィスやスタッフの家に1泊2日滞在して行けることを神に感謝します。ある宣教師は、戦争前は祈りに応じなかったような人たちと一緒に祈っていると報告しています。彼女は、「大きくて強い兵士たちとも一緒に祈り、彼らは感謝している」と言っています。

 

「水曜日、2人のお母さんと6人の小さな子どもたちがAwana事務所に泊まりました。一台の車で一緒に移動しているそうです チームリーダーは、子どもたちが家から逃げていても、Awanaの建物の中を走り回って楽しく過ごせたと言っていました。身体的なニーズである「休息」「安全」「安らぎ」、そして精神的なニーズである「祈り」「希望のメッセージ」。このように、私たちのチームは、皆さんの賜物を用い、祈りが答えられるのを見て、必要としている人々にイエス様の手となり足となれるのです。」

 

ウクライナの兄弟姉妹のために、詩篇121:7-8から以下の箇所を一緒に祈ってください。

 

はすべてのわざわいからあなたを守り
あなたのたましいを守られる
はあなたを行くにも帰るにも
今よりとこしえまでも守られる。

 

たとえ私たちのチームが苦難に直面し続けるとしても、ローマ8:38-39の約束が真実であることを私たちは知っています。

 

私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いたちも、支配者たちも、今あるものも、後に来るものも、力あるものも、
高いところにあるものも、深いところにあるものも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。

 

私たちとパートナーシップを組んでくださることに感謝します。

 

画像クレジット: YouVersion

 

3月16日

ラトビアのAwanaスタッフと協力教会が、食料、衣類、毛布、医療品など必要な物資を集め、ポーランドとウクライナの国境まで運びました。ウクライナのボランティアは、これらの物資を受け取り、Awanaスタッフが使用できるように自国へ運びました。この援助物資の収集は、ラトビアでの寄付と、皆様からの寛大な贈り物によって実現したものです。皆様の継続的なご支援とお祈りを感謝します。

 

ラトビアの人道支援車両が国境でウクライナのトラックに後ろ付けし、Awanaスタッフとラトビアのパートナーによって集められた支援物資を降ろしています。

 

食料、衣類、毛布、医療品などをトラックに積み込み、ウクライナのAwanaスタッフの元へ運びます。

 

ウクライナのAwanaスタッフが、戦争から逃れてきた家族や祖国を守る兵士のために分散して使用される物資を降ろしています。

 

 

3月15日

ウクライナ支援計画の一環として、皆様からいただいた多くの寄付金は、ラトビアとルーマニアに送られ、現地で難民のニーズに応えるために役立てられています。私たちは、行いと真実(1ヨハネ3:18)をもって愛してくださるすべての方に感謝します。Awanaルーマニアが皆様からいただいた寄付金がどのように活用されているかは、Awanaルーマニアのアディ・スタンチュ宣教師による本日の詳細報告をお読みください。

 

救援、Soul to Soul(魂から魂へ)

Soul to Soul(魂から魂へ)キャンペーンを正式に開始しました。これにより、難民支援に携わっている教会や団体、Awanaクラブと連絡を取ることが出来ました。すでに12の団体とパートナーシップを結び、資金面、難民支援のコンサルティング、特に難民の子どもたちへの精神的、物質的なサポートなど、さまざまな方向から支援を行っています。

 

ベッド、マットレス、シーツ、1日3食の食料、国内外への移動手段、壊れた車の修理、病院での治療と援助、ウクライナ語の絵本、ウクライナへの人道支援の輸送、難民用テントの手配、難民が住む田舎の小さな教会の光熱費の支払いなど、具体的に必要としている資金を送りました。

 

難民センターを訪ね、子どもたちや親御さんたちとつながり、一緒に遊び、お互いの話を聞き、福音を伝えました。 私が接した人は皆、この支援にとても驚いていました。多くの難民は、私たちがなぜこのようなことをしているのか理解していませんでした。福音とキリストを伝える最高の機会でした。

 

「とても大きな」ニーズのために祈る

難民にとっても、支援に携わる私たちにとっても、ニーズは非常に大きなものです。ここで、私たちを祈りで支えてくださるようお願いします。

難民のために(多くは子ども連れの女性)。人々は恐怖と混乱に陥り、今何をすべきか、長期的に何をすべきかがわかりません。西ヨーロッパに友人がいる人たちは、そこに行きたいと願っています。しかし、誰もいない人は、ルーマニアに残って仕事を探さなければなりません。ほとんどの人が夫や両親を残してきており、戦いに近い人たちのことが心配です。また、家や財産は放棄されており、それらを回復できるかどうかもわかりません。

 

私たちのために、コーディネートをする人たち。(多くの難民が国境にたどり着き、他の都市に行く術がないため塞ぎ込んでいます)。私たちがどのように問題を解決しているかというと、私たちの教会では、国境からの難民の流れを運ぶために、週に2回、バスを借りています。しかし、バスは1台だけです。

 

財源のため。難民のために、教会のホールにマットレスを置いている教会もあります。 また、食事や宿泊を無料で提供している家庭もあります。資源は不足し、人々は食料、燃料、電気、ガス(1週間で30~50%高くなった)を買うお金がないのではと心配しています。また、生活必需品の材料が店頭で見つからなくなり始めており、パニック状態になっています。

 

翻訳者の必要性も大きい。ほとんどの人がスマホによる翻訳を使っています。私たちAwanaは、難民センターで通訳として採用された女性にパートタイムの給料を支給しています。3ヶ月間、給与を提供しましたが、今後、どのようにリソースを見つけるか、検討したいと思います。

 

ヒーローは身近にいる

これまでずっと、私はたくさんのヒーローを見てきました。大きな犠牲を払って助けてくれた家族。一週間も家族と一緒に家にいなかった牧師やリーダー(Awanaプログラムを使っている人)。ウクライナの子どもたちとすぐに友達になり、自分の大切なものを提供し、貯金を切り崩す子どもたち。

 

1円でも多くのお金を使い、キャンペーンを継続するために必要なお金を集め続ける方法を知ることができるようお祈りください。

 

私たちに寄り添ってくださってありがとうございます

From Soul to Soul(魂から魂へ)、アディ

 


皆様からのご寄付は、疲れた難民のために暖かく安全なベッドを提供します。

 


難民の子どもたちと遊び、話を聞くAwanaルーマニア宣教師アディ・スタンチュウ(右)とAwanaルーマニア・コーディネーター ビアンカ・ハンバサン(左)。

 

3月14日

ウクライナの危機について、テキサス州キングスランドのパックサドル・フェローシップをはじめ、全米のAwanaクラブから資金提供や問い合わせが来ています(写真はその様子です)。教会によっては、Verse-a-Thonを資金集めの手段として活用しているところもあるようです。また、教会では、子どもたちが集めた募金に上乗せしています。また、個人で寄付をしているところもあります。

 

100%、ウクライナとその周辺国のAwanaチームに送られます。電子メールまたは郵送で、Awana(15877 Collection Center Drive, Chicago, IL 60693)までお送りください。メモ欄にUA001と記入してください。

 

また、可能であれば、あなたの子どもたちが祈ったり、みことばを暗唱したり、ウクライナに特別なメッセージを伝えている写真を送ってください。ウクライナのチームに伝え、彼らに大きな励ましと喜びを与えています。

(communications@awana.orgまで送っていただいても結構です。保護者の許可を得ることを忘れずに!)

 

パックサドル・フェローシップから写真を受け取ったウクライナのリーダーは、返事を書いてくれました。「ああ、すばらしい!彼らに私の愛を伝えてください。あなたは私たちをとても助けてくれます。あなたを通して、私たちは他の人に仕えられます。」

 


 

 

3月11日

Awamaと地域のパートナー教会は、難民の必要に応え、希望を与えるために立ち上がっています。Awamaのチームは、ウクライナとその近隣諸国で、安全を求めている人々に必要な支援を提供するために現地入りしています。地元の教会を通じて、ウクライナの女性や子どもたちに食料、衣料、シェルター、医療を提供しています。また、燃料や車の修理、近隣諸国への旅を続ける人たちを支援するための資金も提供しています。最も重要なことは、私たちが出会うすべての人のために祈り、神様の愛を分かち合うことです。

 

Awama・グローバル・ミニストリーを率いるブライアン&サンディー・ローズは、先日、ラトビアの東欧・北アジア地域ディレクター、パヴィルス&ヴァレンティナ・グリガスを訪ねました。 このビデオではパヴィルスがウクライナから難民となった時の話をし、ブライアンがAwama・ウクライナチームと教会が、傷ついた人々にキリストの愛をどのように伝えているかを話しています。

 

 

 

3月10日

みなさんは私たちの手を握ってくれている … 主の栄光のために

 

ウクライナの主要なリーダーの一人が、今週は毎日レポートを送ってくれています。どのメッセージも、民間人への攻撃や戦争の恐ろしさのニュースから始まっています。それは本当に悲惨なものです。しかし、それぞれのメッセージの最後には、人に仕え、助けと希望を見出す人々の物語が綴られています。ここでは、彼女の言葉の中から、ハイライトを2つだけ紹介します。

 

「毎日1,200人もの難民が私たちの町を通ります。私の夫は整備士としての技能があるので、彼らが翌日も国境まで行けるように、車の修理を手伝ったり、必要な部品を探したり、燃料を買ったりしています。」

 

「今日、Awanaオフィスには9人が滞在しています。一人の母親が二人の子供を連れて来ています。彼女の娘はてんかん持ちなので、発作に効く薬を一日かけて探しました。神さまありがとうございます。必要な薬が見つかってよかった!。今夜、子供たちは体を洗い、食事をして、暖をとりました。明日の朝、彼らは列車で国境へ向けて出発します。これはひとつの小さな物語に過ぎません。何千人もいるのです。」

 

彼女はこのようにノートを締めくくっている。「どうか、私たちのために祈り続けてください。神は奉仕の機会を与えてくださり、皆さんは私たちの手を握ってくれています。私たちは、明日が主の栄光のために使われる新しい機会をもたらすと信じています!!! 神に栄光あれ!」

 

 

3月9日

ウクライナの人々のために、祈りと資金援助をしてくださっていることに、心から感謝しています。「ウクライナ危機への対応」でご紹介しているように、皆様のご支援により、周辺国やウクライナ国内の人々に人道的、経済的、霊的な援助を行うことができます。Awanaルーマニアは独自に対応策を講じており、その対応策を資金面で支援することができたのは、皆様のご厚意によるものです。今日は、彼らの活動を紹介します。

 

Awanaルーマニアのアディ・スタンチュ宣教師は、Awanaルーマニアの教会のパートナーたちが、すでにウクライナ難民のためにシェルター、食料、衣料などのニーズを満たし、法的書類作成の支援をしていることを伝えました。ノスラック村では、Awanaリーダーが5人家族の難民を受け入れています。一家はこの土曜日に同地のAwanaクラブを訪問し、日曜日はアディ夫妻の家で一緒に過ごしました。

 

アディさんは「彼らが経験したことを知ることができ、とてもいい時間でした。彼らは将来の計画が何もないのです。スーツケース1つで家を出た。戦争が終わって帰れるのを待っているのですが、家があるのかどうかわからないそうです。それぞれの人にはそれぞれのストーリーがあって、私たちは驚かされます。私たちはこうした話に圧倒されますが、現実的な対応をして、励まし、できる限りの手助けをしようと思っています。」

 

Awanaルーマニアは、ルーマニアの非営利団体と提携し、ウクライナの家庭や教会を支援するために物資を持ち込んでいます。この週末、Awanaルーマニアのボランティアが支援しました。外に長くいたくないので、教会で素早くトラックから荷を降ろしたと言います。街には誰もおらず、食料品店も2、3軒しか開いていませんでした。燃料も不足しており、ATMの機械にはお金がないそうです。Awanaルーマニアは今週、さらに多くの援助を送る予定です。皆様のお祈りとご支援に感謝いたします。

 

 

 

 

3月8日

ウクライナのスタッフから送られてくるメッセージは、読むのが難しいこともありますが、戦時中に神様が彼らを通してどのように働かれ、彼らが無事であることを知ることができ、感謝しています。最近届いた2つのメッセージを紹介します。

戦争は現実には厳しい

「今日は忙しい一日でした。新しい難民がオフィスに滞在しているので、今は新しい友人がいます。彼らはハリコフ出身で、怯え、自暴自棄になっています。彼らはすべてを失い、どうしたらいいのかわかりません。私たちは彼らに愛を示し、できる限り快適で安全だと感じてもらえるよう努力しています。先ほど爆撃の警報が発表されましたが、私たちはハリコフからもう一組の老夫婦が来るのを待っているところです。(別のスタッフは)兵士たちに食べ物を届けています。私は座って祈り、考え、メッセージを書く時間を見つけました。

 

戦争については祖父母からよく聞いているし、歴史の授業でも習いましたが、現実はもっとひどいものです。恐怖が漂っているのを感じます。寒い地下室に座って待っている必要があります。国境に向かう友人のことを心配しています。名前を知っている兵士のために祈り、たまに送られてくる手紙に安堵する。「生きているよ。祈ってくれてありがとう。きっとうまくいくよ。」

ああ、こんなことが起こらないようにと願う。現実に迷う。自分が強く勇敢だと感じることもあれば、怖くて混乱することもある。どうかこれからもお祈りを続けてください。私たちには力が必要です。肉体的にも精神的にも。奇跡が必要なのです。この戦争の困難な時期に、私たちを通して神様が見ていてくださいますように。」

幸せな瞬間

「不穏で恐ろしい日々の背景には、私たち家族に待望された素晴らしい出来事がありました。私たちの体験と喜びを皆さんと分かち合いたいと思います。2月27日には孫娘のソフィーが生まれ、今日(3月7日)には息子が結婚しました。私たちは、人生の幸せな瞬間を与えてくださる神様に感謝します。私たち家族が一緒になって、喜びと勝利の出来事を祝うことができるように祈ってください。」

 

 

3月 7日

ウクライナの人々のために行っている取り組みについて、世界各国の関係者から続々と情報が寄せられています。UtilbenのCEOであるルーベン・マリアン氏は、Awanaルーマニアの理事を務めています。このビデオでは、ウクライナの戦争がもたらす直接的な影響と必要性、そしてこの地域の現場での働きを支援するために個人ができるさまざまな方法について紹介しています。(英文)

 

 

Awanaルーマニアには、すでに6つのパートナー団体と諸教会があります。Awanaルーマニアの宣教師アディ・スタンチュは、「このリストはほんの始まりに過ぎません。私たちの主な貢献は、難民センターで子どもたちの世話をすることです。ゲーム、クラフト、聖書のレッスン、祈り、服やおもちゃなど、それぞれのニーズに応じてケアやカウンセリングを提供します。」と述べています。

 

彼らは、国内の他のAwanaクラブに提供できるサービスのパッケージを作成し、それぞれの地域の難民コミュニティを支援することを計画しています。また、資金調達の戦略も練っています。

 

「ニーズも大きいが、チャンスも大きい。私たちのモットーは、「誰でも何かできる」です。

 

 

3月 4日

Awana・ウクライナのスタッフの一人から近況報告が届いています。これは、彼女が昨日遅くに送ってきたメッセージです。

 

「今日は戦争が始まって8日目でした。攻撃、ミサイル、死者など多くの悪い知らせがもたらされました。しかし、その一方で、大きな喜びもありました。今日、私たちの教会でバプテスマ式があり、私のAwanaの女の子、(今は)Awanaのリーダーがバプテスマを受けました。幼い頃からAwanaクラブに所属していた彼女は、失意と拒絶の涙と戦ってきました。そして今日、戦火の中、彼女はバプテスマを受ける決意をしました。それは私に希望を与えてくれます。私に力を与えてくれます。神が支配しておられることを改めて認識させられ、勇気づけられました。神は私たちの祈りを聞き、答えてくださいます。だから、平和についての私たちの祈りにも答えてくださいます。神に栄光あれ!」

 

その日のうちに、彼女はこの音声レポートを送ってくれました。(英文)

 

 

この危機的状況の中、地域社会に奉仕しているこのスタッフと他の人々のために、引き続きお祈りください。他の祈りの方法については、このページをスクロールしてください。

 

 

3月3日

ウクライナでは、一般市民や子どもへの攻撃など、情勢が激化し続けています。Awana・ウクライナチームは、街の暴力から逃れるために旅をしてきた6人家族のために、Awanaオフィスに避難所を提供することが出来ました。ウクライナのチームが危機に対応している間、私たちはここで対応します。組織としての危機対応の概要をまとめました。「ウクライナ危機への対応」でその詳細を知り、どのように関わることができるかを学んでください

 

子どもたちは危機について聞き、不安を抱えているかもしれません。私たちのカリキュラム・チームは、子どもたちと話し合うときに使えるよう、特別な会話ガイドを作成しました。「ウクライナの紛争について子どもたちにどう話すか」でご覧いただけます。

 

ウクライナ危機に対するAwanaの対応については、以下のビデオでAwana CEOのマット・マーキンズとヨーロッパ/北アジア担当グローバル副社長のトム・チルトンが語っています。(英文)そして、引き続きお祈りをお願いします。

 

 

3月2日

本日の更新は、Awanaのヨーロッパ/北アジア担当グローバル副社長のトム・チルトンです。

 

ロシアによるウクライナ侵攻は、今日で7日目を迎えました。空襲のサイレンに疲れ、廊下や地下室で眠り、次の日のニュースを心待ちにしている。空襲のサイレンに疲れ、廊下や地下室で眠り、翌日のニュースを心待ちにしている。正直なところ、私も心配と不安で疲れ、主にある大切な兄弟姉妹のためにどうしたらよいかと考えています。そんな時、私は二つのことを思い出します。

 

まず、神様は私たちの叫びを聞き、必要な時に助けに来てくださるということです。ダビデは詩篇 145:18 で,「まことをもって主を呼び求める者すべてに 主は近くあられます。」と書いています。イエス様ご自身も、マタイ11:28で、「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」と教えられました。主は私たちに何が必要かを知っておられ、私たちと共にいてくださいます。私たちは、天の父の永遠の愛から勇気と希望と力を得ているのです

 

第二に、私たちはキリストのからだであり、クリスチャン・ファミリーの愛で祝福されています。世界中から、祈りと断食による支援、物資の提供を表明するメールやメッセージが届いています。今日、私はルーマニアのAwanaクラブや指導者たちが、自国に入国してくる難民のために食料や衣類を送り、難民の子どもたちの長期的な必要をケアするための準備を進めていることを知りました。ウクライナにちなんでひまわりのブーケを作り、その収益をすべてAwana宣教師に寄付している花屋さんの話を聞きました。モンゴルのAwanaチームとモンゴル福音同盟のリーダーが集まり、ウクライナとAwanaチームのために祈るという大団結を示しました。今夜、私のAwanaクラブでは、Awana・ウクライナの支援を目的とした活動を発表する予定です。

 

これらの愛の表現が、私に希望を持ち続けること、そして前進することを示してくれます。そして、ウクライナの兄弟姉妹が、主から、そして皆さんの継続的な支援から、勇気と新たな力と今日一日の十分な恵みを引き出せるよう祈っています。 スパシーバ!

 

3月1日:

侵攻から6日、戦争の影響は私たちのチームに重くのしかかっています。戦場に行かなかった人たちは、コーヒーや食事、ハグ、キリストの愛で難民や兵士たちに奉仕しています。彼らの安全と、福音を伝え、キリストの証人となる機会が与えられるよう、引き続きお祈りください。

 

私たちは彼らの状況を説明する短いビデオを録画しました。(英文)ウクライナへの支援にご興味のある方は、以下のリンクからどうぞ。英文です。

 

 

 

2月28日:

週末にお祈りいただきありがとうございました。世界中の教会がウクライナの人々を祈りで支えているという励ましの報告を聞いています。ウクライナから逃げていた一家が無事に国境を越えたことを感謝します。まだ近隣諸国に避難している多くのウクライナ人のために、引き続きお祈りください。

 

残りのAwanaチームは国内に残り、住んでいる地域や滞在している地域にミニストリーを提供しています。私たちはスタッフ全員と連絡を取り合うようにしていますが、その中の一人からこんなメッセージが届きました。

 

「私たちはここで守り、仕えるためにいるのです 神様は今も私たちに奉仕の機会を与えてくださっています。私たちは平和のために、安全のために、勇気のために、共に祈ります。祈りや食べ物で、時にはハグをして、必要な人を助けます。」

 

これからもAwana・ウクライナチームをお祈りと 献金で支えてください。

 

 

主よ、ウクライナのために祈りを聞いてください

<p>&nbsp;</p>


Awanaウクライナは1992年に教会、子どもたち、家族への奉仕を開始しました。この30年間で、ヨーロッパで最も活気があり、影響力のあるミニストリーに成長しました。Awanaウクライナは548の教会と提携し、毎週ウクライナ全土で2万5千人以上の子どもたちに働きかけ、弟子訓練をしています。また、ウクライナのオフィスは、他の10カ国のAwanaの働きを支援しています。

 

2月24日、ロシアはウクライナへの本格的な侵攻を開始しました。ウクライナの子どもたち、クリスチャンの兄弟姉妹、教会のパートナー、そしてAwanaのスタッフであるウクライナの11家族のために、私たちの心は重く沈んでいます。私たちはウクライナの指導者たちと定期的に連絡を取り合い、どのように支援するのがベストなのかを考えています。戦闘の現場に最も近い家族の中には、すでに家や教会の家族から逃げ出さなければならない人もいます。また、ウクライナを守るために戦うために召集されている宣教師の家族もいます。

 

戦争が激化するにつれ、状況は悲惨なものになっているようです。国や私たちのミニストリーに長期的にどのような影響があるかは分かりませんが、神がコントロールされていることは分かっています。私たちは主を信頼し、主が心の傷ついた者に寄り添ってくださることを知っています。私たちの祈りを聞き、神の子どもたちを守り、彼らの土地を癒してくださるよう、主に呼びかけます。私たちと共に祈ってくださるよう、お願いいたします。

 

ウクライナのため

平和のために。 主よ、現在のロシアとの紛争を終わらせ、ウクライナ全土に平和を回復してくださいますように。

 

Awanaクラブの子どもたちのために。小さき者から大きな者まで、イエス様に信頼を置いている人たちが、聖霊に満たされ、この危機の中で家族や隣人に福音の希望を伝え、祈れますように。

 

クリスチャンの指導者のために。この国の成人のクリスチャンが、あなたが置かれた場所で大胆に信仰を伝えられますように。最前線で大胆に戦い、負傷者をケアする病院で大胆に、避難所で大胆に、そして地域社会で大胆に行動できますように。強い反対を押し切ってでも、福音を宣言できますように。

 

Awanaスタッフとその家族。移転する人、残る人、軍隊に招集された人のために、神が守りと必要な物を与えてくださるようにお願いします。彼らが直面するものに対して、あなたの存在と配慮と充足感を知ることができますように。

 

すべてのウクライナ人のため。ウクライナで基本的な物資が不足している中、あなたの供給をお願いします。人道的な援助が必要な人たちに安全に届きますように。また、国境を接する国々が難民を受け入れる際に、あなたの愛が溢れ出しますように。

 

世界のリーダーたちのため。世界の指導者たちがこの危機に対応するとき、見識を持ち、団結して侵略に立ち向かい、神であるあなたに助けを求められるように。

 

私たちの心。 私たちの希望があなたの中にあることを思い出せますように。あなたはこのような時のために、私たち一人ひとりをこの地上に連れてきてくださいました。私たちはウクライナの兄弟姉妹のためにあなたの手となり足となり、互いの重荷を負い合いたいと思います。あなたが私たちを通してしてくださっていること、そしてこれからしてくださることに感謝を捧げます。

これからもウクライナのミニストリーチームからの最新情報をお伝えし、彼らをサポートする方法をお伝えしていきます。引き続き、お祈りをよろしくお願いします。また、経済的に支援したい場合は、awana.org/country/ukraineからオンラインで献金できます。