Awana Clubs International

私は小学3年生の頃、母に連れられて初めてAwanaに参加しました。当時の私は恥ずかしがり屋で、人が多く集まる場所で話すことや、人に注目されることに苦手意識を持っていました。母教会には同世代の子どもがほとんどいなかったので、Awanaに参加して初めて教会で同世代の子どもたちと一緒に過ごす経験をしました。他の子どもたちと一緒にゲームをしたりすることは、私にとって大きなチャレンジでした。私はなかなか自分から人に話しかけることができなかったので、行くのが嫌だと思ったこともありました。私は神様に「Awanaでお友達ができますように」とお祈りしました。神様はその願いを聞いてくださいました。当時Awanaで出会った同世代の仲間とは今でも仲良しで、信仰の友です。さらに、毎週御言葉を覚え、蓄える時間は、今の学びにも役立っています。現在私は東京基督教大学で学んでいます。Awanaで覚えた御言葉は授業で役立つだけでなく、悩んでいるとき、困ったときなど、実生活でも役立っています。そこまで記憶力の良くない私が、小学生の頃に覚えた御言葉を未だに覚えているのは不思議です。神様はAwanaを通して信仰の友と、たくさんの御言葉をプレゼントしてくださいました。これから多くの人に神様の恵みを分かち合うために、学びを続けていきたいです。

A. N.(東京基督教大学 神学生)