Awana Clubs International

ぼくは小学1年生です。あずとという名前は、お父さんが、与える人になるように、救いを与(あずか)る人になるようにとつけてくれました。ぼくは生まれた時から神さまの話を聞いていて、神さまが天国からぼくを見ていることを知っているし、イエスさまが十字架で死んで、三日目によみがえったのも、自分たちのためなんだと思っています。

ぼくの好きな聖書のお話は、イエスさまが弟子たちに魚を獲ってみなさいって言ったら、それまでは獲れなかったのに、たくさん獲れたお話です。神さまの力でできたと思うからです。

ぼくはこれからもずっと神さまと歩むって決めたから、洗礼を受けたいと思いました。もう一つは、お母さんのお腹に赤ちゃんがいることを聞いて、「クリスチャンって何?」って聞かれたら答えたいし、イエスさまのことを教えてあげたいと思ったし、お手本になりたいと思ったからです。

ぼくの好きなみことばは、ヨハネ3:16です。神さまがこの地上にイエスさまを送ってくれたことがわかるから、このみことばが好きです。

これから神さまのために、賛美やお祈りをしたいし、大きくなったら、クリスマス会の準備をしたり、洗礼準備会のリーダー、AWANAのリーダー、執事になりたいです。

A.T.(スパークス、内灘聖書教会)

三条Awanaクラブ

1月12日の三条Awanaクラブのイベントは「かるたとり」でした。チーム対抗で2種類の聖書かるたをしました。

読み手がかるたの文章を読み終えないうちにクラバーは「ハイ!!!」と大きな声でかるたを取りました。クラバー達は百人一首かるたとりをしているかのように、いつの間にか前のめりになり、全身を動かしてかるたを取り合いました。かるたが全身運動なのかと思う程、白熱しました。クラバー達は読み手の声が聞こえるように集中し、静かに次のかるたの文章が読まれるのを待ちました。その静かさはゲームタイムの部屋にある柱時計の振り子の音が聞こえる程の静けさでした。2種類のかるたとりをした後、クラバー達はゲームタイムが終った時と同じように汗をかいていました。

白熱&集中したかるたとりの後のハンドブックタイムはクラバーもリーダーも集中して御言葉暗唱に取り組むことができました。ミーティングタイムは腹話術人形のじゅんちゃんが登場してザアカイのお話しを聞きました。

次回のイベントは「さよなら~お正月~」です。今回しなかったもう2種類のかるたとり&おしるこを食べます。新しいクラバーが加えられるよう願っています。

Awana主事 田中 直美